Film Scoring Template 4 -ストリングス&ブラステンプレートの作成とCubaseのオーガナイズ-

前回までの記事ではWoodwindsの基本的なテンプレートを作るところまでいきました。ここまでの説明でVSL(Vienna Symphonic Library)を使ったテンプレートの作り方は大体マスターしたと思います。今回は同様の手順でストリングスとブラスのテンプレートをVSLでつくっていきましょう。ストリングスとブラスのテンプレートが出来上がりましたら、最終的にCubaseのトラックを見やすくオーガナイズします。

1. 新たにVienna Ensembleを2つ立ち上げます。手順はこの記事(Film Scoring Template 1)を参照してください。

Screen Shot 2016-01-22 at 3.06.19 PM

2. Instrument Trackが出来上がりましたら、それぞれ分かりやすいように名前を変更しましょう。

Screen Shot 2016-01-22 at 3.05.27 PM

3. 先程の記事のStep4~7の手順を参考にしながら、ストリングスとブラスのテンプレートを作っていきます。Vienna Ensembleを表示したり、切り替えたりする方法が分からない場合はこちら(CubaseでVSTインストゥルメントを立ち上げる方法(Vienna Ensembleの場合))を参照してください。

使うパッチは以下の通りです。最終的に下の画像のようになります。

ストリングスパッチ

1st Violins – 05S Vl-14 legato

2nd Violins – 05S Vl-14 legato

Violas – 15S VA-10 legato

Cellos – 25S VC-8 legato

Contrabass – 35S DB-6 legato

ブラスパッチ(Hornはソロとアンサンブルの両方を用意します)

Horn1,2,3 &4 – 12S HOvn legato

Horn Ensemble – HO-a4 legato

Trumpet1~3 – 14 TrC legato

Trombone 1&2 – 04S TTB legato

Bass Trombone – 22S BTB sustain

Tuba – 02S TU sustain

ここではほとんどレガート(Legato)のパッチを選びましたが、今後キースイッチを使ってsustainやstaccatoなどにパッチを切り替える方法なども説明します。

*ストリングス*

Screen Shot 2016-01-22 at 2.49.36 PM

*ブラス*

Screen Shot 2016-01-22 at 11.37.29 PM

4. MIDIトラックを作成します。Woodwindsのときの手順と同様、MIDIトラックを作成していきましょう。

*重要

MIDIトラックを追加する前(+Add MIDI Trackを選択する前)に、追加したいinstrument Trackを最初に選択しておきます。そうすることで、追加したMIDIトラックが自動的にその楽器のMIDIインプットに接続されます。

Screen Shot 2016-01-22 at 8.57.23 PM

MIDIトラックを追加する際、StringsパートはStrings, BrassパートはBrasesと名前をつけてください。StringsのMIDIトラック数は5, BrassのMIDIトラック数は12です。

Screen Shot 2016-01-22 at 9.08.32 PM

5. “Strings 5”と”Brasses 12”のMIDIチャンネルをどちらも1にし、それぞれ上部に移動します。

Screen Shot 2016-01-22 at 9.16.40 PM

6. Rackのアウトプットをアクティベートします(参照

Screen Shot 2016-01-22 at 9.35.11 PM

ここまでの手順で全てのVSLのテンプレートとトラックが出来上がりました。後はこちらの記事を参照してトラックに色をつけたり、フォルダにまとめたりしてオーガナイズしてください。Instrumentトラック、MIDIトラック、さらに楽器郡ごとにフォルダにまとめていきましょう。最終的に以下のようになれば完成です。このテンプレートではまだ細かなアーティキュレーションやダイナミクス、パンニングなどの設定は終わっていませんが、次回からその設定をしていきます。

*完成図*

Screen Shot 2016-01-22 at 10.05.02 PM

フォルダを1段階展開した状態

さらに展開した後