Edisonを使ってトラックを録音する方法(FL STUDIO)

edison_eye

MIDIで作ったトラックをサンプリングしたい場合、Edisonを使ってトラックをオーディオ化する方法が簡単です。

Edisonの使い方

1.録音したいセクションをCtrl+ドラッグで選択し、ループ再生をONにします。

edison_rec1

2.録音したいトラックを選択し、Ctrl+EEdisonを起動します。

edison_rec2

3. On playを選択します。これによって録音した際にループの先頭個所にマーカーがつき、後で編集しやすくなります。

edison_rec3

4. EdisonのRecordボタンを押した後、トラックを再生し録音します。

 

5. あとは全体をセレクト(ctrl+A)した後、不要なセクションを選択(song jumpをダブルクリックすることで不要なセクションを選択できます)し、Deleteキーで削除します。

 

録音したオーディオの活用

作成したオーディオは下のアイコンを押すことによりトラックに直接貼り付けたり、*Harmorなどでリサンプリングすることが可能です。

edison_rec5

*Harmorに取り込みリサンプリングする際は、Harmorのチャンネルラックのトラック名の部分に直接ドラッグしたり、Harmor内部のIMGセクション(TimbreとENVセクション以外)にドラッグします。

resampling_harmor